お知らせTOPICS

第32回甲信救急集中治療セミナー 盛会裏に終了いたしました

2016年7月2日(土)に第32回甲信救急集中治療セミナーを信州大学にて開催いたしました。

猛暑の中200人の医師、看護師、消防関係の方々がお越しくださり、38の演題発表が行われました。パネルディスカッションは「新しいチーム医療の推進」と題して山梨大学松田兼一教授の座長により、ICUでの呼吸リハ、重症外傷治療、小児集中治療、補助人工心臓、病院前救急、それぞれにおけるチーム医療について紹介していただきました。ランチョンセミナーは安曇野赤十字病院 第1救急部長 亀田 徹 先による『Point-of -Care 超音波-「検査の 一つ」から「診察・観察の一部」へのパラダイムシフト』についてご講演をいただき、医師ばかりでなくメディカルスタッフにとっても興味深いお話を聞くことができました。甲信地域の集中治療、救急医療の関係者が一堂に会して情報を共有することで医療のレベルアップと地域連携が進むことを期待したいと思います。お暑い中ご参加いただきまして心より御礼申し上げます。

世話人(角度変えて)

 

岩瀬教授

 

亀田救急部長_lancheon

 

unnamed

 

質疑応答時間

お知らせ一覧