お知らせTOPICS

2019年業績

 

I 著 書

1. Imamura H: Respiratory Tract Burns, Traumatic Pulmonary Contusions, Crushing Death, and Crush Syndrome: What Kinds of Lung Injury Occur by Respiratory Tract Burn, Traumatic Contusion, and Crush Syndrome? In: Fujimoto K (ed), Disaster and Respiratory Diseases, Respiratory Disease Series: Diagnostic Tools and Disease Managements, pp37-57, Springer, Singapore, 2019

2. 嘉嶋 勇一郎, 今村 浩:【集中治療における血行動態評価法】低侵襲的評価法 フロートラックセンサーによる低侵襲的評価法の長所と短所 ICUとCCU 43:155-159 2019

 

Ⅱ 論文

1 Nitta K, Okamoto K, Imamura H, Mochizuki K, Takayama H, Kamijo H, Okada M, Takeshige K, Kashima Y, Satou T. J Intensive Care. 2019 Nov 6;7:50. doi: 10.1186/s40560-019-0402-4. eCollection 2019.

2 Miyama H, Okada M, Takayama H, Imamura H, Muranaka F:Cardiac Arrest Due to Tension Pneumoperitoneum Caused by Esophagogastric Perforation and Pyloric Stenosis : A Case Report 信州医学雑誌67(2) 113-119 2019

3 Satou T, Imamura H, Mochiduki K, Ichikawa M, Takeshige K, Kamijo H, Takayama H, Nitta K, Kikuchi T, Okamoto K. Efficacy of protocol-based non-invasive positive pressure ventilation for acute respiratory distress syndrome: a retrospective observational study. Acute Med Surg. 2019 7(1):e465. doi: 10.1002/ams2.465.

4 Imamura H. Woman with severe chest pain. JACEP Open 1-2 2019 doi: 10.1002/emp2.12000

5 Ueki Y, Mohri M, Matoba T, Kadokami T, Suwa S, Yagi T, Takahashi H, Tanaka N, Hokama Y, Fukuhara R, Onitsuka K, Tachibana E, Yonemoto N, Nagao K; Japanese Circulation Society Shock Registry Scientific Committee. Prognostic Value of Neurological Status on Hospital Arrival for Short-Term Outcome in Patients With Cardiovascular Shock – Sub-analysis of the Japanese Circulation Society Cardiovascular Shock Registry. Circ J. 83:1247-1253, 2019

6 Iba T, Arakawa M, Mochizuki K, Nishida O, Wada H, Levy JH. Usefulness of measuring changes in SOFA score for the prediction of 28-day mortality in patients with sepsis-associated disseminated intravascular coagulation. Clin Appl Thromb Hemost. 2019; 25: 1076029618824044.

 

Ⅲ 学会発表

国際学会

1. Kashima Y, Takeshige K, Imamura H : Hyaluronan may be associated with decreased cardiac function after acute myocardial infarction SCCM 48th Annual Congress 2019.Feb. 17. San Diego, California, USA

2. Takeshige K, Kashima Y, Imamura H Impact of cardiac etiology-based differences on Extracorporeal cardiopulmonary resuscitation SCCM 48th Annual Congress 2019.Feb. 17. San Diego, California, USA

3. Mochizuki K, Mori K, Kamijo H, Imamura H. Evaluation of fulfilment sequences of two different criteria for assessing coagulopathy in sepsis: a nationwide Japanese registry study. The XXVII Congress of International Society on Thrombosis and Haemostasis and 65th Annual Scientific and Standardization Committee (SSC) Meeting, メルボルン, 2019年7月9日

国内学会(シンポジウム・パネルディスカッション等)

4. 望月 勝徳, 森幸太郎, 上條 泰, 今村 浩:敗血症性DICの生存アウトカム改善のために抗凝固療法はどのように行うべきか. パネルディスカッション「敗血症性DICへのアプローチ:これからの敗血症性DICを考える」第46回日本集中治療医学会学術集会  3月3日 京都

5. 竹重 加奈子, 川上真穂, 岡田 まゆみ, 望月 勝徳, 嘉嶋 勇一郎, 高山 浩史, 戸部理絵, 橋本 麻衣子, 松本 剛, 今村 浩:明確なアウトカム指標と課題解決型多職種回診による感染管理 クリーンな救命救急センターICUを目指して.ワークショップ「集中治療室における感染管理の工夫」 第46回日本集中治療医学会学術集会  3月2日 京都

6. 田原 良雄, 新沼廣幸, 上田 恭敬, 伊藤 智範, 西山 慶, 菊地 研, 澤村匡史, 山本 剛, 今村 浩, 遠藤 智之, 日本集中治療医学会CCU委員会:CCU委員会活動報告 パネルディスカッション「各領域研修において集中治療は織り込まれているか?」 第46回日本集中治療医学会学術集会 3月1日 京都

7. Imamura H、Kashima Y、Kuwahara K. Early Resuscitation of Cardiogenic Shock by Cooperation of Emergency Medical System and Cardiovascular Intensive Care Unit. プレナリーセッション 「重症心筋梗塞の包括的管理」 第83回日本循環器学会2019年3月31日、横浜

8. 嘉嶋 勇一郎, 今村浩, 桑原 宏一郎:現代の循環器集中治療室にはエビデンスに基づくスタッフ配置モデルが必要である 心臓専門医と集中治療専門医との連携の重要性(Evidence-based Staffing Models are Required in the Contemporary Cardiovascular Intensive Care Unit: The Importance of Collaborating Cardiologists with Intensivists). シンポジウム「CCUで勤務するためにこれだけは知っておきたい集中治療の最新の話題」第83回日本循環器学会 2019年3月31日、横浜

9. 望月勝徳、上條泰、森幸太郎、今村浩. 信州大学医学部附属病院高度救命救急センターにおける急性血液浄化療法の施行戦略. シンポジウム「集中治療における血液浄化戦略」日本集中治療医学会第3回関東甲信越支部学術集会, 甲府, 7月27日

10. 高山浩史:Hospital baseからcommunity baseでの病院前診療システムの構築.「全国ドクターカー連絡協議会」 第14回日本病院前救急診療医学会学術集会 12月8日 富山

11. 望月勝徳、森幸太郎、上條泰、今村浩. DIC合併敗血症性ショックに対するPMX-HPの有効性. 第23回エンドトキシン血症救命治療研究会(シンポジウム), 東京, 1月26日

国内学会(一般演題)

12. 嘉嶋 勇一郎, 今村浩, 竹重 加奈子, 岡田 まゆみ, 高山 浩史, 桑原 宏一郎:救急、集中治療、循環器の各領域研修に不足するもの エビデンスに基づく循環器救急集中治療の教育システム 第46回日本集中治療医学会学術集会 3月1−3日 京都

13. 上條 泰, 若林諒, 藤田 識志, 山口 晃典, 清澤 研吉, 山本 高照, 清水彩里, 三田 篤義, 今村 浩:全身麻酔中にcapillary leak syndrome様の重篤な経過をとった薬剤性肺水腫疑いの1例 第46回日本集中治療医学会学術集会 3月1−3日 京都

14. 岡田 まゆみ, 稲村憲一, 濱野 雄一郎, 竹重 加奈子, 嘉嶋 勇一郎, 望月 勝徳, 新田憲市, 今村 浩:重症熱中症にストレス誘発性心筋症を合併した一例 第46回日本集中治療医学会学術集会 3月1−3日 京都

15. 新田 憲市, 三山浩, 稲村 憲一, 深澤 寛明, 濱野 雄二朗, 望月 勝徳, 今村浩:特発性脊髄硬膜外血種の臨床的特徴と予後 第46回日本集中治療医学会学術集会 3月1−3日 京都

16. 服部 理夫, 竹重加奈子, 丸山 周作, 嘉嶋 勇一郎, 今村 浩:ニトログリセリン負荷試験により診断に至った左室流出路狭窄増悪による心原性失神の1例 第46回日本集中治療医学会学術集会 3月1−3日 京都

17. 本戸 景子, 嘉嶋勇一郎, 竹重 加奈子, 岡田 まゆみ, 今村 浩, 岩下 具美:サルモネラ菌による急激な瘤径拡大をきたし緊急手術加療を要した感染性大動脈瘤の一例 第46回日本集中治療医学会学術集会 3月1−3日 京都

18. 成田 一理(信州大学医学部附属病院薬剤部), 三田 篤義, 清水 彩里, 清澤 研吉, 若林 諒, 竹澤崇, 高尾 ゆきえ, 神田 博仁, 今村 浩, 大森 栄:ICUにおける注射配置薬管理システム導入が薬剤管理業務に与える影響 第46回日本集中治療医学会学術集会 3月1−3日 京都

19. 山口 晃典, 藤田識志, 上條 泰, 若林 諒, 清澤 研吉, 山本 高照, 清水 彩里, 三田 篤義, 上條 祐司, 今村浩:持続的腎代替療法の条件設定に難渋した、骨髄移植後肺・腎障害合併くも膜下出血の一例 第46回日本集中治療医学会学術集会 3月1−3日 京都

20. 山本 高照, 三田篤義, 山口 晃典, 上條 泰, 藤田 識志, 清澤 研吉, 清水彩里, 岡田 健二, 佐藤 俊夫, 今村 浩ICU施設間連携が奏功し人工呼吸器離脱ができた胸部ステントグラフト感染症の1症例 第46回日本集中治療医学会学術集会 3月1−3日 京都

21. 清水 彩里, 山本高照, 三田 篤義, 清澤 研吉, 若林 諒, 山口 晃典, 上條泰, 山本 克己, 高尾 ゆきえ, 今村 浩:Semi-closed ICUにおける人工呼吸器離脱プロトコル導入効果の検討 第46回日本集中治療医学会学術集会 3月1−3日 京都

22. 高山浩史 竹重加奈子 三山浩 今村 浩:ドクターヘリのBCP.第24回日本災害医学会学術集会3月18日 米子

23. 竹重 加奈子, 今村浩, 松本 剛:明確なアウトカム指標に基づく多職種連携感染対策 クリーンな救命救急センターICUを目指して 第70回長野県医学会 7月28日、上田東急REIホテル

24. 今村 浩, 森幸太郎, 服部 理夫, 上條 秦, 竹重 加奈子, 嘉嶋 勇一郎, 岡田まゆみ, 市川 通太郎, 三山 浩, 高山 浩史, 新田 憲市:不断前進、心肺蘇生 院外心停止患者の社会復帰を目指しメディカルコントロール体制を活用した広域病院前救護システムの構築 第47回日本救急医学会学術集会 10月2−4日 東京

25. 本戸 景子, 竹重加奈子, 服部 理夫, 森 幸太郎, 望月 勝徳, 新田 憲市, 今村浩:肝出血による右心不全増悪をきたしたSwyer-James症候群の一例 第47回日本救急医学会学術集会 10月2−4日 東京

26. 竹重 加奈子, 柴崎美緒, 森 幸太郎, 望月 勝徳, 新田 憲市, 今村 浩:気道熱傷を契機に甲状腺クリーゼを発症した一例 第47回日本救急医学会学術集会 10月2−4日 東京

27. 市川通太郎 ,深澤寛明 ,小川原葵 ,山川耕司 ,柳谷信之 , 岩下具美 ,岨手善久:偶発的に発見された高齢者低ナトリウム血症の検討 第47回日本救急医学会学術集会 10月2−4日 東京

28. 五味 香織, 嘉嶋勇一郎, 竹重 加奈子, 本戸 景子, 今村 浩:Leriche症候群による下肢痛を契機にDiffuse large B cell lymphomaの診断に至った一例 第47回日本救急医学会学術集会 10月2−4日 東京

29. 新田 憲市, 本戸景子, 岸田 卓也, 服部 理夫, 森 幸太郎, 竹重 加奈子, 望月勝徳, 今村 浩:アナフィラキシーとそれによる二相性反応の頻度と特徴 第47回日本救急医学会学術集会 10月2−4日 東京

30. 柴崎 美緒, 竹重加奈子, 森 幸太郎, 高山 浩史, 新田 憲市, 今村 浩:若年の脊髄損傷患者に上腸間膜動脈症候群を合併した1例 第47回日本救急医学会学術集会 10月2−4日 東京

31. 松本 剛, 竹重加奈子, 高山 浩史, 今村 浩: 転院前抗菌薬投与の血液培養検査陽性率に与える影響  第47回日本救急医学会学術集会 10月2−4日 東京

32. 上條浩:八ヶ岳西麓敗血症講演会 パネリスト 諏訪中央病院 1月15日

33. 上條浩:第1回Critical Care Seminar in Shinshu パネリスト 松本市 5月18日

34. 稲村憲一、濱野雄二朗、望月勝徳、今村浩:病院収容まで長時間要したけいれん重積の1例 第22回 信州神経救急研究会 5月

 

看護師

1. 今澤 由理恵, 山崎友香子, 佐塚 孝之, 小松 光, 辻野 公一郎, 岡田 まゆみ, 深澤寛明, 唐澤 達典, 戸部 理絵, 今村 浩: 退院後の生活をイメージし患者家族と取り組む早期リハビリテーションの効果.パネルディスカッション「PICS対策とpost intensive careに向けた改善策」 第46回日本集中治療医学会学術集会 3月2日 京都

2. 川上真穂、 竹重加奈子、 山崎友香子、 南山孝幸、 羽入田夕子、 大矢梨多、 佐藤侑汰、 戸部理絵、 今村浩、 橋本麻衣子、 松本剛:明確なアウトカム指標と課題解決型多職種回診による感染管理〜尿道留置カテーテルにおける留置期間への試み〜.第35回甲信集中治療セミナー、7月6日、長野若里文化ホール

3. 山崎友香子、関昌代、宮下知記:救急看護の実践 医学部地域保健推進センター主催 健康講座シリーズ11「長野県の救急医療」-知っておこう、もしもの時の救急救命医療- 第4回 信州大学、11月19日

 

Ⅳ 研究資金

文部科学省科学研究費助成

基盤研究(C)ビジュアル・オンラインメディカルコントロールシステムの開発

今村 浩(代表)、望月勝徳、嘉嶋勇一郎、新田憲市 2019年度〜2021年度

お知らせ一覧