ご挨拶 GREETING

ご挨拶

信州大学医学部救急集中治療医学教室 教授・信州大学医学部附属病院高度救命救急センター センター長 今村 浩

私たちのホームページをご訪問いただき、ありがとうございます。
教授・センター長の今村 浩です。

当教室は“ER診療とクリティカルケアのプロの技が実践できる医師”を育成することを最大の特色とし、救急・集中治療の臨床、研究、教育に取り組んでいます。自由闊達な気風にあふれ、メンバーそれぞれが自分の得意分野を伸ばせる教室です。

専門分化の進んだ現代の医療にあって、多彩な救急患者さんに対応し、また、多臓器に問題を抱えた重症救急患者さんを救命・社会復帰させるためには救急集中治療の専門医は今や不可欠な存在です。私たちは人格・能力ともに優れ、真のプロフェッショナリズムを備えた救急医の育成を通じて社会に貢献していきたいと考えています。

あなたも当教室に参加してプロの救急医を目指しませんか?きっと医師という一人の職業人として満足な人生を歩めることでしょう。

よく聞かれる質問

  • 救命センターはどんなところですか?
    救急隊と連携しドクターヘリとドクターカーを駆使した病院前医療、軽症から重症まであらゆる重症度、あらゆる病態に柔軟に対処できるER診療、それに続く質の高い集中治療、単なる救命ではなく後遺症なく社会復帰することを目指した早期リハビリと退院・転院支援を救急患者さんに提供しています。救命センターでは医師、看護師、薬剤師、理学療法士、作業療法士、言語療法士、臨床工学技士、放射線技師、メディカルソーシャルワーカー、事務員など多くの職種が協力して、超急性期から社会復帰までのシームレスな救急医療の提供に努めています。
  • 救命センターではどんな特殊技術を持っていますか?
    蘇生後脳症の治療のための低体温療法、呼吸不全患者さんのための高頻度振動換気法(HFO)、一酸化窒素(NO)吸入療法、膜型人工肺(ECMO)、生活の質を守る非侵襲的陽圧換気法(NPPV)、院外心停止や重症心原性ショックに対する体外式心肺補助法(PCPS)、胸痛センターと連携した急性冠症候群や急性大動脈症候群の緊急治療、他臓器障害に対する治療としての急性血液浄化法、高度救命救急センターとしての重症多発外傷の治療、重症熱傷の治療、急性中毒の治療、四肢切断の再接着などを行っています。
  • 特に力を入れていることは何ですか?
    ・ドクターヘリ、ドクターカーを駆使した病院前救急医療
    ・重症呼吸不全の管理
    ・多発外傷に対する集学的治療
    ・急性血液浄化法
    ・重症循環不全、呼吸不全に対する体外循環
    ・循環器救急・集中治療
    ・災害医療と危機管理医学
  • 教室の目指す救急医とは?
    ① 軽症・重症を問わずあらゆる疾患のER対応ができる
    ② 重症患者の集中治療ができる
    ③ 内因外因を問わず診断から入院管理まで行うことができるジェネラリスト
    ④ 各科専門医と連携をとれる
    このような救急医を目指しています。やりがいを実感でき、一生の仕事として持続可能な救急医療を実践できる医師、救命センターだけではなく一次二次医療機関でも立派に通用する医師を養成しています。
  • 救急・集中治療医の将来は?
    救急医療は社会の大切なセイフティーネットです。その重要性は今後ますます増してゆきます。また、医療の専門分化とともに臓器別専門医が増え、患者さんをトータルに診られる医師が減りつつある中で、臓器横断的な診療を行う救急医・集中治療医に対するニーズが高まっています。現在、日本中で救急集中治療医が不足しており、勤務先に困ることはありません。救急集中治療医の将来には様々な可能性が開けています。ERのプロ、集中治療のプロ、外傷外科のプロ、総合診療医としての地域への貢献、シミュレーション教育やOff-the-jobトレーニングを通じた医学教育活動、研究活動、救急医療システムや災害医療における行政や社会との関わりなど、活躍の場は無限です。
  • 救急って大変そうですが?
    救急医療、集中治療は一人でできるものではありません。救命センターでは質の高い救急医療、集中治療管理を24時間、365日継続するために、チームによる管理体制を確立しています。しっかり申し送りをすることにより、勤務時間外は自分の時間を確保して家族サービスや気分のリフレッシュ、研究などができます。このような体制をとることにより、一生の仕事として持続可能な救急医療を実践できます。
  • 教育について教えて下さい
    我々は常に患者さんが自分の家族だったら・・と考え、患者さんに最高かつ最良の医療を提供したいと考えています。最高の医療を提供するためには、常に自分の腕を磨き、知識をアップデートする不断の努力が必要です。最良の医療を提供するためには人間としての「知恵」と「こころ」が必要です。当教室は救命センターでの診療を通じて人格、能力ともに優れ、真のプロフェッショナリズムを備えた救急・集中治療医を育成していきます。
  • どんな研修ができますか?
    ・一次から三次まで重症度、種類とも多彩な救急患者の診療ができます。
    ・重症患者の集中治療のプロになれます。
    ・ジェネラリストとしての能力を養えます。
    ・エビデンスに基づいたスタンダードな救急集中治療を学べます。
    ・スタンダードな治療だけでは対処できないような特殊例や複合病態、超重症例への対応能力を養えます。
    ・通常では治療困難な患者の救命例を経験できます。
    ・興味深い症例をレポートできます。
    ・個性豊かな先輩同輩に囲まれ、人間的に成長できます。
  • 研究について教えて下さい。
    医学の世界は日進月歩です。特に救急・集中治療の領域はまだまだわかっていないことだらけです。日常臨床を行いながらも、常に「どうしてこうなるんだろう?」「もっといい方法があるのでは?」「この治療をもっと多くの患者さんが受けられるにはどうしたら?」といった疑問を持つことが大切です。教室では、日常臨床の中で感じる様々な疑問を大切にしつつ、臨床研究・基礎研究を行っています。
  • これからの救急・集中治療医学の展開は?
    臨床においては自分の独善に陥ることなく、エビデンスに基づいたスタンダードな医療を心がけることが大切です。しかし、重症患者さんの急性期の状態は刻一刻と変わっていきます。一つの治療法、診断法がある時点では無効であっても他の時点では有効となることがよくあります。大規模試験で無効と判定された治療も実臨床ではある病態、ある局面では有効ということもありうるのです。そこに救急集中治療領域の臨床の奥深さ、醍醐味があります。我々は様々な局面においてその患者さんにとって最良の治療を追求して最大限の効果をあげるとともに、それらの知見を統合して新たな救急・集中治療のエビデンスを構築してゆきたいと考えています。
  • 救命センターのある松本について教えて下さい。
    北アルプスと美ヶ原に囲まれ、上高地や安曇野など多くの観光地に恵まれた自然豊かな街です。夏はトレッキングやキャンプ、春秋はサイクリングや釣り、冬はスキーなどアウトドア派にはたまらない環境です。救命センターから浅間温泉までは歩いても行ける距離ですし毎年サイトウキネンフェスティバルが開催されるなど文化の街でもあります。あなたもこの自然豊かな松本で楽しみながら救急・集中治療を学びませんか?