高度救命救急センターCENTER

高度救命救急センターについて

信州大学医学部附属病院高度救命救急センターは、平成17年10月に東日本の国立大学では初めて救命救急センターとして開設され、平成19年4月には高度救命救急センター、平成22年1月には日本救命医学会指導医指定施設となりました。教官・医院 15~20名、研修医 5~10名、看護師 50名程度で運営しています。救急専門医、集中治療専門医、循環器専門医、麻酔専門医、脳神経外科専門医、小児科専門医などのスタッフが集まり、責任ある救急診療と研修医指導を行っています。

当センターは、ER(救急初療室)と計20床(ICU 4床、BCU 3床、CCU 3床、H・SCU 10床)の入院病床からなり、救急患者の受入と初療から重症救急患者の救命処置および集中治療まで一貫した救命救急医療の提供をしています。救命救急センターとして、地域の救命救急医療の中核となるだけでなく、県内唯一の高度救命救急センターとして全県から重症患者様の受け入れを行っています。また、県内唯一の医学教育学府として、将来の医療を担う学生や若手医師の育成にも力を入れており、松本広域医療圏ならびに県下の救急医療体制構築の支援も行っています。

高度な救命治療機器(各種人工呼吸法、一酸化窒素吸入療法、緊急体外式心肺補助法、急性血液浄化療法など)を用いた高度先進救命治療をはじめとして、重症患者様を対象とした専門医療を常時提供しております。

救急患者の受け入れ状況(2001年度~2015年度)

  • 救急患者総数(2001年度~2015年度)
  • 救急搬送受入数(2001年度~2015年度)
  • 2015年度6,942人のうち43%が入院
  • 1次、2次、3次患者の変遷(2001年度~2015年度)